噛み合わせが軽い

触診の結果、右側に兆候がありましたので、左側の当たりが強いと診断して左側を調整しました。その結果、噛み合わせが軽くなったようです。