歯科情報ブログ

電動歯ブラシ

こんにちは🌞🌞

今回は電動歯ブラシについてお話ししたいと思います🪥

電動歯ブラシは大きく3つの種類に分ける事ができます。

①電動式歯ブラシ…動力が電動のタイプで回転式や振動式があります。毛先が当たるところを効率的に汚れを落とすので手磨きのように歯ブラシを動かす必要はありません。

②音波式歯ブラシ…電動歯ブラシに音波の振動を発生させて汚れを落とします。水流や気泡が毛先の当たってない場所(約周囲2mm)の汚れを落としてくれるので①と同じように歯ブラシを動かす必要はありません。

③超音波歯ブラシ…超音波で汚れを破壊します。汚れの除去効果は②より強いと言われています。速い振動のため振動はほとんど感じません。そのため手持ちの歯ブラシのように左右に動かして磨く必要があります。

回転式電動歯ブラシは高速回転により汚れを除去していますが、通常の歯磨き粉を使用すると研磨剤により歯が削れたり口の中が泡だらけになるので注意が必要です⚠️

量は米粒サイズくらいの少量を使用するか、研磨剤、発泡剤が入っていないジェルタイプがおすすめです♪

また、歯と歯の間は汚れが溜まりやすいので電動歯ブラシと併用してフロスや歯間ブラシを使いましょう🌟

毛先を強く押し当ててしまうと歯面や歯茎が傷つくことがあるので優しく当てるように心がけましょう😌

電動歯ブラシはきちんと使えば効率的に汚れを落とせる便利な歯ブラシです。使い方をマスターしてツルツルな歯を手に入れましょう😊✨

フッ素で虫歯予防

 

こんにちは☀️

最近は暑い日が続いていますね。水分補給をしっかりとして、熱中症に気をつけてお過ごし下さい😌

今日はフッ素のお話をしていきます!

フッ素は歯の脱灰を抑制して、再石灰化を促進します。つまり歯を強くして虫歯菌の活動を抑える作用がある虫歯予防には欠かせない成分です✨

とくに子供の生えてきたばかりの乳歯はまだ弱く虫歯にもなりやすいので、フッ素塗布をして守ってあげることが大切です😊

赤ちゃんのフッ素を始める時期は、上下の歯がそれぞれ4本ずつ生え揃ってきたころです。個人差ありますが、概ね1歳半ごろといわれています🌟

フッ素を行う期間としては乳歯が生え始めた頃から永久歯に生え変わる頃までが効果的と言われています!もちろんその後続けていただいても問題はありません☺️

フッ素は定期的な塗布が必要となりますので、歯科医院にご来院していただいたり、お家でフッ素塗布をしましょう✨

当院でもお子さまにフッ素塗布を行っておりますので、是非ご来院していただき大切なお子さまの歯を一緒に守っていきましょう💪

 

 

 

キシリトールガムの効用

こんにちは!

ジメジメした日が続いていますね☂️

梅雨明けが待ち遠しいです🌈☀️

 

今日はキシリトールについてのお話しです🦷

キシリトールは歯に良いというイメージがあると思いますが、

実際どんな効果があるのかよく知らないという人が多いのではないでしょうか?

 

キシリトールとは糖アルコールの一種で天然の甘味料です。

 

🌟キシリトールガムの効果🌟

・虫歯菌の酸の生成を抑制する

・歯の石灰化を促進する

・プラークがはがれやすくなる

 

そこで、おすすめの噛むタイミングがあります☝🏻

・歯を強くしたい ➡︎ 歯磨き後

・プラークを落としやすくしたい ➡︎ 食後

・お口のネバネバをとりたい ➡︎ 寝る前

 

寝る前にガムを噛んでも大丈夫なの?と思った方は

歯医者さんで売っているキシリトール100%のガムを噛んでくださいね😊❗️

コンビニやスーパーで売られているキシリトール入りのタブレットやガムは

砂糖が入っているので虫歯のリスクがあります😣

 

キシリトール100%のガムでしたらいつ噛んでも大丈夫ですよ😊

1日3〜5粒、5分〜10分噛むと効果があります!

 

キシリトールガムのを上手に使って虫歯になりにくいお口の環境を作りましょう💪🏻🍀

 

歯とスポーツ

ようこそコマキ歯科ブログへ。

いよいよ東京オリンピックが開幕になりますね🇯🇵

厳しい環境下での開催ですが日本選手団の活躍を期待したいです!

さて、スポーツと歯には特別な関係があります。例えば、重い荷物を持ったり、体に力を入れようとするとき、自然と歯を食いしばっていませんか?

これは歯を噛みしめることで、一時的に筋力がアップするからです。他にも、

集中力が向上したり、バランス感覚が優れたりと歯並びや噛み合わせは運動能力に大きな影響を与えています。

噛みしめるときに重要になるのが奥歯です🦷

奥歯に均等に力が入らないと十分な効果は得られません。

そのため、日頃から歯のメンテナンスは必要になります。

メジャーリーグで活躍したイチロー氏は、1日に5回も歯磨きするほど歯を大切にしています✨

スポーツ選手にとって最高のパフォーマンスをするために

歯はとても重要なのです!😊

 

オリンピックを機に運動を始めようとお考えの方は

一度歯科検診をオススメします🪥🌟

乳歯の虫歯

こんにちは!今日は、乳歯の虫歯についてお話しします!

生まれたばかりの赤ちゃんは、虫歯菌を持っていないことが確認されています。

では、なぜ虫歯になってしまうのでしょう。実は、大人から赤ちゃんへと虫歯菌をうつしてしまっているのです。

どのようなことでうつるのかというと、、、

・スプーンや箸の共有

・大人が口に入れたものを与える

・フーフーする

・キスをする    など虫歯菌は唾液を介してうつります。

乳歯の虫歯は「感染の窓」といわれる、1歳半から3歳までに決まり、この期間に虫歯にならなければ大人になっても虫歯にならないといわれています。虫歯菌が感染するようなことは避け、毎日の歯磨きやフッ素塗布、定期的な歯科受診などで子供のお口の健康を守っていきましょう!!!

乳歯はいつ抜ける?

こんにちは、アジサイが、綺麗に色づき始める季節になりましたね😃

今回は、乳歯についてのお話です。

来院される患者さんによく「乳歯っていつくらいに抜けるんですか?」

と聞かれることがあるのですが、

下の前歯(6歳頃)

上の前歯(7歳頃)

前歯から奥歯にかけて(8〜9歳頃)

奥歯(11歳頃)

の順で生え変わっていきます。

順番は個人差があるので上の通りではなくて問題はありませんが、

注意してほしいポイントがあります。

1. 乳歯が抜ける前に永久歯が生えてくる

2. 生え変わりの時期を大きく過ぎても、乳歯が抜けない

3. 乳歯が抜けてから3ヶ月過ぎても永久歯が生えてこない

こういう時には一度ご相談下さい😌

 

次に抜けた乳歯の保存方法について。

皆さん抜けた乳歯はその後どうしていますか?

日本では昔から、上の歯が抜けたら家の縁の下へ。

下の歯なら屋根の上に投げるという風習がありますが、

最近は成長の記録として保存する方も多いそうです。

ただ、抜けた歯に血や汚れ、細菌が付いたままだと

虫が湧いたりするので、保存する場合はしっかり処理する事が大事です。

方法は

1. 乳歯をオキシドールに半日くらい漬ける

2. 歯ブラシなどで汚れをしっかり落とす

3. 水でよく流し、よく乾燥させる

今乳歯保存用の専用ケースもあるそうなので、お子さんと一緒に

お気に入りのケースを見つけるのも楽しそうですね😉

セラミックの下準備

 

こんにちは!!暑くなってきましたね☀️

本日は今月のキャンペーンにちなみまして、セラミックのお話しをしたいと思います😊🍀

セラミックの被せ物を入れるために大切なことは何だと思いますか❓❓

それは下準備です

被せ物をより長く キレイに 健康に保たせるために、コマキ歯科で行われている治療をご紹介します😆

①歯周病の治療

→歯肉が腫れていたり、出血していると精密に型取りできず、上手く入りません😨歯磨きの確認と歯肉のお掃除をして歯肉の状態を落ちつかせましょう

②土台作り

→神経がない歯には軸を立てます。オススメはファイバーコアです。グラスファイバーでできた土台は歯の根を衝撃から守る役割があります👊

③ホワイトニング

→せっかくセラミックの歯を入れるなら、周りの天然歯もホワイトニングで白くしてよりキレイな歯を入れましょう🦷🌱

 

下準備によって口元の印象や歯の寿命に影響が出ることも😣💦

時間がかかっても下準備は念入りに👍

災害時の口腔ケア

こんにちは😃

今回は災害時の口腔ケアについてお話します🪥

災害時は水不足によりいつもと同じ歯磨きを行うことが難しくなります。口は肺への入り口なので口の中を清潔に保つことができないと特に高齢の方は誤嚥性肺炎を起こしやすくなってしまいます。

そこでどのような口腔ケアが効果的かいくつかご紹介します✨

①食後にうがいをする

②ガーゼやハンカチを指に巻いて歯を拭う

③唾液腺マッサージを行う→唾液により口の中の汚れを洗い流す働きがあります✨

④液体ハミガキを使用する→練りハミガキとは違い、お水を必要としません❕

適量をお口に含み20秒うがいをしその後ブラッシングをすることでお口の中の菌を減らすことができるので殺菌効果が期待できます✨

みなさんのお役に立てたら嬉しいです😊

もしもの災害時のために覚えておくと安心ですね🦷🌱

 

酸蝕症について

こんにちは😊

みなさんは酸蝕症をご存知ですか?

酸蝕症とは酸によって歯が溶ける事を言います☝🏻

症状は冷たい物がしみたり、歯が透けて見えます。

酸蝕症になる原因で1番多いのが、酸の強い食品の摂り過ぎです🍋

例えば、炭酸飲料・スポーツドリンク・ドレッシング・お酢・柑橘系の果物です。

しかし、これらの物を避けるのは難しいですよね😅

ここで対策を紹介します✨

・酸性度が強い物を飲食したらすぐうがいをする。

・酸性度が強い物を飲食した後はすぐ歯を磨く。

・フッ素配合の歯磨き粉等を使用する。

これから暑くなりますので、スポーツドリンクを飲んでしっかり水分補給したあとはうがいを忘れずにしましょう✊

くさび状欠損

こんにちは😃! コマキ歯科です!

今日はくさび状欠損についてお話します☝🏻

みなさん、くさび状欠損という言葉はご存知ですか?

くさび状欠損とは、歯と歯茎の境目が一部欠けてしまっている状態のことです!

原因として、歯ぎしりやブラッシング圧があります。

また、歯の根元が削れるので知覚過敏のような症状が出ることがあります😖

予防として、歯ぎしりをしてしまう方はマウスピースをつけていただくことをオススメします💁🏻‍♀️

当院では、1人1人にあった正しい歯磨き指導もしていますのでぜひご気軽にお声掛け下さい🪥☺️