歯がしみる、知覚過敏とは

こんにちは😃

今回は知覚過敏についてのお話です。

夏の間、アイスや冷たい飲み物で歯がキーンとしみる!😢なんてことはありませんでしたか?

歯ブラシを当てるとしみる!というのもよく聞く症状です。

よく患者さんから、歯がしみるので虫歯ですか?と聞かれることもおおいです😌

知覚過敏は、歯の外側のエナメル質が削れ、内部の象牙質が露出することによる神経の反応です。

 

象牙質が露出してしまう原因は主に

・歯ブラシの力が強い

・加齢や歯周病で歯茎が下がる

・歯ぎしりなどですり減る

などがあります☝🏻

症状が軽度の場合は、

柔らかい歯ブラシを使うことや、歯ぎしり防止のためのマウスピースを使うことで症状が改善する場合もあります。

また症状がある部分にコーティングのお薬を塗って様子を見させていただくこともあります✨

それでも改善しない場合や重度の症状の場合は、

プラスチックの材料を詰めてカバーすることや、神経の治療が必要になることがあります。

 

長い間しみるのが続く場合は神経にダメージを与えてしまうので、

早めの受診がおすすめですよ🪥😊