乳歯の虫歯

こんにちは!今日は、乳歯の虫歯についてお話しします!

生まれたばかりの赤ちゃんは、虫歯菌を持っていないことが確認されています。

では、なぜ虫歯になってしまうのでしょう。実は、大人から赤ちゃんへと虫歯菌をうつしてしまっているのです。

どのようなことでうつるのかというと、、、

・スプーンや箸の共有

・大人が口に入れたものを与える

・フーフーする

・キスをする    など虫歯菌は唾液を介してうつります。

乳歯の虫歯は「感染の窓」といわれる、1歳半から3歳までに決まり、この期間に虫歯にならなければ大人になっても虫歯にならないといわれています。虫歯菌が感染するようなことは避け、毎日の歯磨きやフッ素塗布、定期的な歯科受診などで子供のお口の健康を守っていきましょう!!!